借入・返済方法

学生ローンの審査に通過して初めてお金を借りる事ができます。審査にはお金を借りる事はできる、出来ないを判断するのではなく、融資できる金額の上限も見極めています。この上限は何度も学生ローンを利用して滞りなく返済する事で、徐々に上限は上がって行きます。

お金を借りる方法のほとんどが、銀行振り込みになっております。実店舗を持っているような学生ローンだったとしても、ほとんどが銀行口座への振込になっています。その理由としては、大手銀行系のカードローンや大手消費者金融のローンと違い、学生ローンは、コンビニや銀行に提携ATMを設置出来ていないので、それらを利用する事ができないのです。ジャパンネット銀行に対応している学生ローン会社でしたら、祝日でもすぐに反映されますので、学生ローンを借りる前に、学生ローン用の銀行口座を作成しておくのもおすすめです。

同じく借りたお金の返済方法も銀行振り込みが一般的です。最初に融資を受ける段階で自分が決めた返済日時に合わせて決められた返済額を振り込みます。中には現金書留での返済や直接お店に行って返済する方法もありますが、ほとんどの学生ローン会社は、銀行振り込みのみの対応になっております。

審査の方法

大学生や専門学生、短大生の方でも気軽にできるローンとして知られている学生ローンですが、どのように利用したら良いかわからない方も多いと思いますので、まずはそのあたりからご紹介させて頂きます。

学生ローンを利用するためには、まずは申し込みを行います。この申し込みを行う方法は、基本的にインターネットで行うのがメインになっております。学生ローン自体は全国の学生を対象としたサービスとなっているのですが、メインの学生ローン会社が東京の高田馬場にありますので、東京に在住の方だけでなく、全国の大学生や専門学生、短大生も利用できるようになっているからです。申し込みは、現住所や通っている学校の名前、連絡が取れる連絡先などの情報を入力した上で申し込みを行います。

申し込みが完了すると、学生ローンの担当者から的に電話が買ってきます。この電話が融資が可能かどうかを判断する審査になりますので、正確な情報を伝えるようにしてください。電話では、現在働いているアルバイトの内容や収入であったり、融資を受ける理由、返済スケジュールなどお金を借りる上で必要な事を沢山聞かれます。基本的には確認要項の部分が多いので、あまり緊張せずに誠実な受け答えをすれば問題無く審査に通過する事ができます。

学生ローンは借りやすい

学生ローンは他のカードローンと比べて借りやすいローンとしてしられています。それは、学生ローンの審査は他の金融機関の審査と比べると緩いことが主な理由になっています。定職についている社会人をターゲットにしている大手銀行のカードローンはもちろん、大手消費者金融のキャッシングと比較した場合には、学生ローン以外のカードローンを利用する条件のひとつでもある安定した収入のハードルが、学生ローンの場合には、異様に低くなっているのです。また、大手銀行系のカードローンの場合に必ずある勤務先への在籍確認も、学生ローンの場合には行われていない会社が殆どです。

その為、他の大手銀行系のカードローンであったり、消費者金融系のカードローンでは審査が厳しくてお金を借りる事が出来なかった大学生や専門学生、短大生の方でもローンの審査を通過できる可能性が高いのが学生ローンになります。学生ローンを利用する為に重要な物は、定期的な収入がある事です。大学生や専門学生、短大生の方は、夜間の学校に通い日中は働いているという方以外は、社会人として定職についていない方も多いので、社会人の方と比べて収入が少なくなっておりますが、学生ローンでは、定期的にアルバイトを行っていれば融資を受けられるのも大きな魅力となっております。

こちらでは、借りやすいと評判の学生ローンの審査の方法や借入・返済方法など、これから学生ローンを利用しようと思っている方にとって有益な情報をご紹介させていただきます。