学生ローンの基礎知識とメリット・デメリット

社会人として生活していると何かとお金が必要になることがあります。働いている社会人ならお給料もあるし別にお金に困ることはないのでは?と思われた方もおられるでしょうが、そんなことはありません。社会に出ると周りとの付き合いもありますし、さまざまなシーンでお金が必要になります。目に見えるものも学生時代とは違ってきますし、視野が広がることでお金の使い道もさらに増えてしまうのです。

では学生ならお金は必要ないかと言えばそれもそうとは言えません。学生だからこそお金が必要になることは多々ありますし、どうしても今日明日中に現金を用意しなくてはいけない、というシーンに直面してしまうこともあるでしょう。このようなときに学生が利用できる金融サービスの一つが学生ローンです。ここでは、学生の強い味方となってくれる学生ローンの利用の方法、申し込みの仕方などについて詳しくお話したいと思います。

学生ローンの基礎知識

お金と電卓そもそも学生ローンって何?と思われた方は少なくないでしょう。これは読んで字のごとく、学生を対象にした金融商品の一種です。お金を貸してくれるところは大きく分けると銀行と消費者金融に分類できますが、いずれにせよキャッシングするには社会人として働いていることが前提となります。20歳を超えた大学生であっても収入がなければお金を借りることはできませんし、いくら審査が甘いといわれている消費者金融であってもキャッシングはできません

総量規制が施行される前だと学生や主婦にもお金を貸してくれていたのですが、現在では消費者金融でもお金を貸してくれることはありません。また、銀行にしても基本的に返済してくれる見込みのある人にしか融資をしたくありませんし、学生が申し込んでも審査で落とされてしまう傾向にあります。では、学生がお金を借りる方法はないのかというと決してそうではなく、そのような方のために学生ローンという金融商品があるのです。

学生ローンを専門としている貸金業者もいますし、学生のみを対象にしてサービスを提供しているところもあります。現在ではさまざまな学生ローン提供会社がありますし、学生なら申し込みが可能になっています。もちろん使い道は自由ですし、サークル活動や合コンなどにも利用できるという特徴があります。

学生ローンのメリットとデメリット

次に学生ローンのメリットとデメリットについて見てみましょう。いくつものメリットがありますが、デメリットもありますからどちらもしっかり理解して利用することが大切です。まず、メリットは学生でもお金を借りることができるということです。先ほどもお話したように、現在では学生に簡単にお金を貸してくれるようなところはありません。銀行なら学生向けの金融商品もありますが、基本的に銀行は審査に時間がかかる傾向にありますし、融資が行われるまでに時間がかかります。

学生ローンだと審査が通りやすいですし、スピーディに融資してもらえるというメリットがあります。もちろん、学生ローンを取り扱っている業者によって融資実行スピードは異なりますが、ほとんどの業者は迅速な融資を可能としているのが特徴です。今日中にどうしてもお金が必要、といったシーンにも対応できますし、これは大きなメリットではないでしょうか。また、両親に連絡がいくのではないかと不安になっている方もおられるでしょうが、基本的に学生ローンを利用したとしても両親に連絡がいくことはまずありません。

デメリットについてですが、万が一返済できないときには保護者に連絡がいってしまう恐れがあります。ただ、きちんと真面目に返済していればそのようなことはありませんから安心してください。また、金利は比較的高く設定されている傾向にありますからそこも注意が必要です。

学生ローンの利用方法

では、実際に学生ローンに申し込みをするにはどうしたらいいのかということですが、まずは学生ローンを提供している業者を見つける必要があります。これはインターネットを使えば比較的簡単に見つけることができますから、インターネットで学生ローンというキーワードで検索してみましょう。それぞれの業者によって金利や利用条件などが異なりますから、きちんと細かいところまで見ていきましょう。

また、現在ではほとんどの学生ローンにおいてウェブ申し込みが可能になっています。わざわざ学生ローンを提供している業者の営業所まで足を運ぶ必要はありませんし、申し込みから融資の実行までウェブで完結できるようになっているケースがほとんどです。業者のホームページに申し込み専用のフォームが設置されていると思いますから、そこから申し込みをして免許証や保険証のコピーといった必要書類の画像を送ります。

あとは審査が終われば融資実行となります。融資は指定した銀行口座への振り込みという形で行われますから便利ですね。コンビニのATMに対応している銀行口座ならコンビニなどでお金を下ろすことができます。5~10分程度で申し込みできるケースがほとんどですし、即日融資に対応している学生ローンも少なくありません。学生なら誰でも簡単に利用できます。

まとめ

学生だからこそお金が必要になることは多々ありますし、アルバイトをしていたとしても給料日までお金が持たないということはありますよね。両親にも頼ることができない場合だと自分で何とかする必要がありますが、このようなときに学生ローンが利用できればとりあえず急場をしのぐことができるでしょう。毎回学生ローンで乗り切ろうとするのは問題かもしれませんが、どうしても困ったときの保険として利用するのはおススメです。

ただ、学生ローンはあくまで借金ですから、借りたお金はしっかり返済しなくてはなりません。返済が滞ってしまうと遅延損害金が発生してしまいますし、保護者の方に連絡がいく可能性もあります。借金したことも親にバレてしまいますから、学生ローンは計画的に利用しましょう。学生ローンも現在ではいろいろなプランがありますから、自分の状況なども照らし合わしながらもっとも適した学生ローンを利用することをおススメします。

≪参考サイト≫アミーゴ:学生ローンサイト

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket